リブラスホームの「家族の幸せから逆算した家づくり」術

福岡の子育て世代に特化したハウスメーカー・リブラスホームのスタッフが、子育て世代のための住まいの情報はもちろん、家事の時間を半分にする情報や共働き世代の育児論など、日々思うことを発信しています。

家事に費やす時間を『激減』させるアイテムはコレ!

前回の、「子供の成長を考えると、やっぱり自然素材を選んだ方がいいと思うわけ」でも書きましたが、うちは今年中古マンションをフルリフォームしました。

 

家を新築したりリフォームする時には、建具(床材やクローゼット)や
住設機器(ユニットバスやシステムキッチン)はもちろん買い替えますよね。

 

短くても10年近くは買い替えられないので、我が家も選択は慎重にしようと、
メーカーのショールームに何度も足を運び、決定しました。

 

しかし、実際に購入や設置前に想像していた、
日々の生活に与える影響値の当初のイメージと、
実際に生活し始めて実感した影響値にはやっぱり若干差があったので、
今日はそれをお伝えしたいと思います♪

 

リフォーム前に想像していた重要度でいくと、
前回の床材はもちろんですが、保温効果の高いユニットバスや
多少の洗濯物なら乾かせる浴室換気乾燥機は、
夫婦共働きの我が家には「外せないなー」と思っていました。

 

もちろん購入・設置していて、その効果も実感しているんですが、
リフォームした中で、最も日々の生活に与える影響値が高かったものは

というと・・・・


食器洗い乾燥機』!!!

f:id:livelus_home:20150919122026j:plain

もちろん、最初からシステムキッチンに組み込まれた「ビルトイン型」ですが、
もう日々の生活に与える影響値を考えると、ハンパない(笑)

 

仕組みはもうみなさんご存じだと思いますが、
食器を軽く水洗いして、あとは整理して入れていくだけ。

 

容量が限られているので、入れ方のコツをつかむまでしばらくはかかりますが、
食器を入れてしまったら、あとは専用の洗剤をパラパラーと振りかけて
スイッチを押すだけで、本当にキレイにしてくれます。

f:id:livelus_home:20150919122030j:plain

これなら、家事が苦手なパパでもできるし、
せっかく洗ったのに「油汚れが落ちてないじゃないっ!」とクレーム(?)が入って
次回の皿洗いのテンションの方が落ちる心配もありませんww

 

まだまだ洗浄・乾燥には2時間程度かかるので、
これから技術の進歩を見ていきたいところですが、
実家にあった据え置き型のものとは、洗浄力が全然違いますね。

 

昔は、くすみとか油汚れが取れきれてなく、
おかんが「二度洗いが大変だー」と言っていたのを記憶していますが、
そういうことは、今のところうちでは一度もありません。

 

なおかつ、「ごはんを食べた後に食器を洗う」という、
精神的・肉体的重労働(?)から解放されたことによる
充実感と開放感の方が、影響値が大きかったです(笑)

 

毎日、夕食後ほんの20分くらいの食器を洗う時間が短縮されただけ、
ではありますが、1週間で約2時間、1ヶ月で約10時間、1年だとなんと
約120時間の空き時間ができた、ということ。

 

なおかつ、使用する水道水も減り、月々約700~800円の節約にもなるそうで、
年間で約10,000円10年間使用すると約10万円(!)

 

と考えると、導入の費用は十分元は取るし、
空き時間は10年で1200時間、日数にするとなんと50日(!!)
家事に費やす時間が「減る」ということになるようです。


ちなみに、
「新築時に導入したい設備ランキング(リクルート調査)」では

No.1…シャワートイレ(普及率50%)
No.2…掃除がしやすいシステムキッチン(普及率41%)
No.3…食器洗い乾燥機(普及率14%)
No.4…汚れがつきにくいバスタブ(普及率20%)
No.5…掃除がしやすいお風呂の排水溝(普及率20%)

 

食器洗い乾燥機の普及率って「こんなに低いの?マジ!?」と
思いましたが、そのようです。残念です!(>_<)


ということで、今回は
我が家のリフォームの中で、日々の生活に与える影響値が最も高かった
食器洗い乾燥機」だった、というお話でした。

 

これから新築やリフォームを検討されている
子育て世代や夫婦共働きのご家庭のみなさんには、
ぜひぜひ導入していただきたいと、心の底から思います!


あ、
あともう一つ「やっといてよかったー」と実感しているものを思い出しました(^^;)

 

思い出すくらいなので、日々の生活への影響値は食器洗い乾燥機ほどはありませんが、
暑い夏と寒い冬に絶大な効果を発揮するアレ。

 

こちらは、また別の機会に紹介したいと思います(^O^)/